<注意>このホームページは、あくまでプライベートサイトであり、いかなる団体・企業とも関係がございません。
当サイトで使用した画像及びデータの無断転載は禁止いたします。このサイトの主宰は、炭谷壮一(映像作家/街二スト)です。
尚、このページで使用している地図は、AtlasMateを使用しております。複製はご遠慮下さい。

<検討したい項目>
・ソサエティ5.0の実験モデル都市


<ソサエティ5.0の実験都市>

 富山県では、常に夢のある未来都市を摸倣する必要がある。なぜなら、富山県は歴史や文化では、お隣り金沢の影となり注目されにくい環境であり、それが県民の自虐性に繋がっている。金沢とは違う真逆の世界感を構築しないと、県民の誇りと自信は生まれてこないと考えるからだ。その打破のひとつが、『未来都市』という夢のある街づくりだろう
 
具体的な『未来都市』のイメージは、先進的なITやAIを活用しつつ、ソサエティ5.0を完全に実現した『スマートシティ』の実現だ。
 
トヨタ自動車では、プロジェクト「コネクティッド・シティ」として、静岡県裾野市に「ウーブン・シティ(Woven City)」と呼ばれる実験都市を開発する。ロボット・AI・自動運転・MaaS・パーソナルモビリティ・スマートホームといった先端技術を、実際のリアルな都市生活で実証実験するものだ。東京ドーム約15個分の工場跡地に、約2千人が暮らすという。建築家も著名なビャルケ・インゲルスが手がける。世界企業のトヨタならではの壮大な計画となっている。
 

 
富山県でも、民間のチカラで未来都市を創りたいものだ。県内には、エネルギー産業、ゼネコン、自動車産業、情報産業などの中堅企業が数多くある。これらの企業が共同で未来都市『スマートシティ』にチャレンジする。具体的には、スマートシティのモデルタウンを、既存の鉄道路線に新駅を設けて、その駅を起点に創造する。このモデルタウンでは、自動運転のレベル5だけが乗り入れられる街として、これまでの一般車両の乗り入れはできないようにする。また、ドローン宅配や5Gを活用したIT医療なども導入するなど、未来の生活を、全国に先駆けて実現させる事で、県内の他地域にもスマートシティを拡げるきっかけとしていきたい。この大規模なモデルタウンを呼び水に、全国のITやAIの先進企業を富山県に呼び込む事も狙いたい
 



  <検討したい項目>
・軽四とクリーン車をメインとした街づくりを目指す
・ECO車に水色ナンバーを新設する
・2050年までに自然エネルギー100%の実現
・2050年までにエネルギーの地産地消化を実現


 富山県では、クルマ所有率が全国トップクラスであり、その中でも軽四販売は、人口比でトップクラス。これからの環境時代に先駆けて、改めて 「軽四の価値」 を越中から見直したい。また、普及が進まないハイブリッドカーや天然ガス車などのECOカーを、越中を社会実験場として、環境先進県を目指したいものだ。
 軽四とECOカーをメインとした街づくりを目指すためには、「ECOカー特区」の実現が不可欠となろう。

ECOカー特区>
 
 
軽四とECOカーに限って、都心部での駐車場割引・路上駐車規制の緩和・都心部で軽四とECOカーを除く一般車の通行規制道路を増やすなど。「街に来るなら軽四・ECOカーが便利」とするのだ。
 また、ECOカーの普及も、工夫を図りたい。ECOカーであることを特別とする為に、水色ナンバーを新たに設ける。ハイブリット車・電気自動車・天然ガス車・燃料電池車を水色ナンバーとすることで、一般車から切り離す。そうすることで、ECOカーのみが受けられる様々な特典を用意し普及促進を目指したい。

<農業ECO改革>
 
 ECOの先進県を目指す為に、農業からのアプローチも図りたい。特にバイオ燃料の確保に、富山県では減反政策を全面的に廃止を検討する。米からのバイオ燃料化技術を確立させ、県営の米バイオ燃料化プラントと備蓄タンクにて安定的なエネルギー確保を行なうのだ。そして、積極的に余剰米を購入して、県内のガソリンスタンドでECO燃料として販売を行なう。
 また、我が国の農業自給率は現在40%弱だが、これを越中では70%台まで回復させたい。その為には、米以外の野菜や食肉を育成する必要がある。その達成させるキーワードとなるのが、県内産のブランド化だろう。しかし、富山県の場合、米以外はブランド力が弱い。その解決には、新しい品種の開発が不可欠となる。県内大学に農学系の学部を複数確保して、「越中野菜」や「越中肉」などの新しい越中ブランド食材と、それに伴う越中独特のブランド食「越中料理」の研究開発を押し進める必要がある。県民が、地元食材に特別の愛着と食卓の必需品になることで、自給率を上げるのだ
 


<新エネルギー革命『蓄えられる自然エネルギープラントの実現を!』>

 太陽光発電や燃料電池などの次世代エネルギー開発が進んでいるが、富山県はもともと豊富な水力発電を持つエネルギー大国だった。今一度、自然エネルギーを軸とした新エネルギー大国を目指す必要がある。何故なら、時代は変化したとしても、電気エネルギー社会は変わらないからだ。現在は、火力発電や原子力発電がメインであるが、これを徐々に、新しい自然発電に移行させて、富山県の自然エネルギーによる『地産地消エネルギー化』を目指したい。
 そこで、まず考えたいのは、立山周辺の豊富な地熱エネルギーを活かした『地熱発電』だ。安定した電気供給に寄与できることから、3〜4箇所程度の地熱発電所を確保したい。そして、考えたいのは『水力発電の復権』だ。富山県に多くある水力発電は、関西電力が握っている。これは、戦後政策によるもので、豊富な水力エネルギーは地元でいかされていないのが実情。新規のダム計画は、利賀ダムだけだが、これは治水対策と工業用水が主目的とされている。この利賀ダムを水力発電ダムとしても活かしたい。この発電力を使い、電気を貯められる液体水素をつくるプラントを設けたい。家庭用燃料電池エネファームや燃料電池車を大規模に普及させられる環境整備を進めることで、効率的な自然エネルギー確保を目指したい。
 さらに、河川を利用した小型水力発電も重要になる。これは既に県内でも実験が進んでいるが、全国に先駆けて大規模な実用型発電へ移行させたい。また、検討したいのが小型の風力発電装置。県内は広大な田園地帯がある。その田園地帯にも電信柱が建ち並んでいる。この電信柱に小型風力発電機を、多数設置する事が出来れば、相当の発電量を確保できるだろう。これらの小規模発電も、電力の安定供給が難しいため、小規模の液体水素プラントを実用化させて、蓄えられる自然エネルギー化を図りたい。
 2030年を目標に、富山県では自然エネルギー発電を40%まで高める施策を打ち出したいものだ。そして、2050年を目標に、自然エネルギー発電の『100%化』と『完全な地産地消エネルギー化』を実現させたい

 


<検討したい項目>
・既存メディアの充実


<民間放送局の格差是正政策 (多波化)>

 富山県は、電波後進県である。今だに、民放テレビが3局、FMが1局、AMが1局しかない。東京では、民放テレビが6局、FMが3局、AMが4局であることを考えると、半分以下の状況だ。
 現在、富山県では、CATV局で石川のテレビ朝日系列局を再送信し民放4局視聴を実現しているが、富山県の独自性確保の為にも、民放の多波化を独自に目指したいものだ。

(富山・石川の民放局再編と『相互乗り入れ』案)

 4局化されている石川の民放局を見ても、地方における民放多局化は経営的にも厳しいものがある。富山県も民放4局化を図る事も考えられるが、現実的ではないと考える。
 そこで、富山県と石川県の民放局を再編させて、相互乗り入れ化を図り多局化することも検討すべきだろう。系列局の鞍替えや経営統合などクリアにする課題は多いが、経営的には安定化させることが可能となるのは間違いない。この問題解決には、行政の介入が不可欠だと考える。まずは、富山県と石川県の両知事が協議して、コンセンサスを取って、関係メディアで協議会を立ち上げるところから、解決策を見出さないとイケナイだろう。
 再編は、テレビ局とラジオ局も含めて、すべての放送局が基本的にはテレビとラジオの兼営局とする。ラジオ局は、既存のAM局をFM局化させる。メイン送信塔を県境の宝達山山頂付近に設置する事で、ほぼ両県を大きくカバーさせる。

(富山県内の民放局再編と『1局2波+R波』案)

 隣県を巻き込んだ民放局の再編が難しい場合に検討したいのが、ひとつの放送局で、2つのテレビチャンネルを放送するというもの。いわゆる『1局2波』方式だ。国内では唯一、沖縄の琉球放送が、沖縄朝日放送のチャンネルも運営しており、実質的な『1局2波』を実現している。在京キー局では、経営面で大きな差のある局もあるので、県内の民放局が2波を、どの系列で行うか決めるのは大変な作業になるかもしれないが、放送局を増やして多波化されるよりは、経営負担は少ないと考える。また、既存のFM局も絡めて、再編を検討したい。この実現には、県知事や経済界が重要な役割を担わないとイケナイだろう。民放チャンネルが、東京エリアと変わらず楽しめる環境づくりは、富山県の魅力確保に必須となると考えます。2025年までの実現を目指したいものです。
 



<検討したい項目>
・常設の大型街頭スクリーン設置(富山駅前、総曲輪、高岡御旅屋セリオ)

 富山・高岡の中心商業ゾーンに、常設の大型街頭スクリーン(CM等の商業用メディアビジョン)を設置する。

 東京新宿東口のスタジオアルタ・南口のルミネ前、渋谷ハチ公の109-2ビジョンをはじめとしたモニター群などのように、人が集まり易く、待合い場所的な空間環境を整備する事で、とかく暗くて地味に見られる中心街を変える。最近では、地方都市でも、街頭大型ビジョンが増えてきており、宇都宮や水戸・高松・岡山・新潟など、今後増加傾向にある。
 JR金沢駅東口の再開発ビル「フォーラス金沢店」のビル壁面にも、街頭ビジョンが設置された。横9メートル縦5メートルのLED(発光ダイオード)型ディスプレイで、銀座三越アルタビジョンよりもひとまわり大きいサイズである。JR金沢駅バスターミナルに面しての設置であり、待ち合わせスポットとしても街のインパクトとしても大きい効果が期待されている。

 金沢に先を越されてしまったが、富山・高岡の市街地でも、300〜600インチ級の大型ビジョン登場を期待したい。特に中心市街地の活性化や街のエンターテイメント化といった観点からも、大型ビジョンの設置には、意味があると考える。
 スクリーンの設置場所は、富山駅前がマリエとやま、高岡は御旅屋セリオのビル壁面を検討する。運営は、既存CATV局や新潟のようにTMO(タウン・マネジメント・オルガニゼーション)などを検討しCATVのネットワーク網を活用する。ハード面は、行政的支援で助成を図る。

↑新宿スタジオアルタ前。ハイビジョンサイズの街頭ビジョンに更新された。

<参考サイト>
○スタジオアルタ
○PAS.COMMUNICATIONS


↑金沢フォーラスの大型ビジョン
↑巨大街頭ビジョンが並ぶ渋谷ハチ公前交差点