<注意>このホームページは、あくまでプライベートサイトであり、いかなる団体・企業とも関係がございません。
当サイトで使用した画像及びデータの無断転載は禁止いたします。このサイトの主宰は、炭谷壮一(映像作家/街二スト)です。
尚、このページで使用している地図は、AtlasMateを使用しております。複製はご遠慮下さい。

<夏季オリンピックの招致>

 2030年の冬季オリンピック日本招致は、札幌市が国内候補地に決まった。札幌市以外に立候補する都市がなかったからだ。これで、北海道新幹線の札幌開業は、2030年1月までに開業する事も決まった。長野オリンピックに合わせて、長野新幹線を開業させた事を思うと、何故富山県は、立候補しなかったのか。富山県は、オリンピックを開催する器ではないと、自ら判断したからとも思える。いわゆる富山県の風土である「富山でちゃ無理やちゃ」という、後ろ向きの姿勢からではないだろうか。富山市よりも人口が少ない長野市で開催していてもだ。もし、2030年の冬季オリンピックが富山で開催となっていたならば、北陸新幹線大阪開業も2030年に決まっただろう。それだけに、富山県の取り組み方を劇的に変わらないと、単なる地方都市で終わってしまう
 
越中都が誕生したなら、国際都市としてデビューする必要がある。それが、国際大会の招致だ。最終目標は、オリンピックの開催。2020年は、夏季五輪東京大会。2030年は、冬季五輪札幌大会。であれば、順番的に狙いたいのは、夏季五輪の2040年富山招致だ。冬季五輪よりも夏季五輪は、ハードルが極めて高い。だが、高速交通網をちゃんと整備する。そして、越中都を『副首都』にする事ができれば、夢ではない話だろう
 まずは、国際大会の実績を積みたい。その為には、アジア夏季競技大会の招致がある。アジア競技大会も4年毎に開催される。これまで国内では、東京・広島で開催された。だが既に、2026年には名古屋で開催される事が決まっている。そこで、検討したいのは、学生の国際大会『ユニバーシアード夏季大会』だ。2年毎の開催だが、日本では東京・神戸・福岡の3回しかない。しかも、前回の福岡大会は1995年であり、4半世紀も日本では開催されていない。そこで、2031年の夏季大会を富山に招致したいものだ。この招致を足がかりに、2040年の夏季五輪招致を目指したい
 もし実現できれば、国際都市として新しい越中を世界にアピールできるチャンスとなり、様々な政策実現にも繋げられる。また、公共交通網の整備などでも大きな貢献となるだろう。北陸新幹線全線開業・北アルプス横断道路・地域高規格道路の整備などは、一気に進めることができると考える。また、懸案となる立山有磯海と高岡の世界遺産候補も前進させられるはずだ。
 

↑ 歴史文化を感じさせる駅舎となった『長野駅』
↑ 国際大会が頻繁に開催される『長野エムウェーブ』

 
<冬季オリンピックの招致>
 
 夏季オリンピックの招致は、究極の目標ではある。だが、2040年の夏季五輪招致が実現できないのであれば、冬季オリンピックの招致に切り替える事も想定しておきたい。その場合は、2046年ないし2050年の招致実現を目標としたい。冬季五輪も、事前に国際大会を誘致して、実績を積む必要がある。アジア冬季競技大会であれば、過去には札幌市で3回、青森で1回、開催されている。一方、ユニバーシアード冬季大会は、1991年に札幌で1度しか開催されていない。いすれかの大会を招致して、冬季五輪への足がかりとしたいものだ。その為には、しっかりとした競技会場を確保しないといけないだろう。
 

<競技会場案>

(富山地区)
・アルペンスタジアム( 改修30,000人収容=ドーム化)ー開閉会式・エアリアル
・オリンピックスタジアム( 新設20,000人収容=開閉ドーム)ースピードスケート

  ※大会後に30,000人収容のサッカースタジアムに改修
・富山県総合運動公園屋内グランド( 仮設 8,000人収容)ーフィギアスケート・ショートトラック
・第2テクノホール( 仮設5,000人収容)ーアイスホッケー
・富山市総合体育館( 既存4,600人収容)ーアイスホッケー
・富山県総合体育センター( 既存3,024人収容)ーカーリング

(立山山麓地区)
・大品山アルペンリゾート(新設=大品山山頂周辺)ーアルペンスキー
・粟巣野スキー場(仮設15,000人)ースノーボード
・らいちょうバレー(仮設15,000人)ーフリースタイル
・らいちょうバレー・極楽坂スキー場(仮設10,000人)ークロスカントリー
・極楽坂スキー場(改修15,000人)ースキージャンプ・ノルディック複合

(牛岳温泉地区)
・牛岳温泉スキー場(仮設10,000人)ーバイアスロン・ボブスレー・リュージュ・スケルトン

 これら既存施設を極力流用する事で、運営費を抑えることができる。交通インフラとして、地鉄立山駅ー粟巣野間と粟巣野ー大品山山頂(標高1404m)間に、ロープウェイを新設する。だが、暖冬でも雪不足を心配しなくてもよい会場の確保という事も選択肢をして考えないといけないだろう。その場合は、剱岳麓の馬場島周辺に、アルペン競技会場を新たに整備する事も検討したいものだ。本格的な山岳リゾートのスキー場開発となる。


 立山連峰を通年観光地とするには、冬季の入り込み客をいかに増やしていくか。その鍵は、国際的なスキー場と温泉街を整備する事だろう。現状の立山山麓スキー場では限界がある。一方で、立山山麓スキー場は、経営的に厳しい状況だ。その原因は、中途半端な規模にある。かつて、立山山麓では、大型リゾート構想があった。
 それは、『立山リゾート』。昭和60年代初頭のリゾート法(総合保養地域整備法)に基づいて、住友不動産をメーンに住友系企業と地元資本で事業計画がされた内容的は、立山有料道路から標高二千メートルの早乙女岳の麓まで、約3キロを地下トンネルの鉄軌道で結び、この終点地に、リゾートホテル・会議場・ショッピング施設などが建ち並ぶ『アルペンタウン』を建設。ここから早乙女岳・大熊山を経由して馬場島に至るロープウェイを設置するこの早乙女岳の北斜面など2カ所に国際級と初心者用のスキー場をつくる
 開発地域は、国立公園内にあたるが、自然公園法で最も規制が緩やかな第3種保護地区。自然環境に配慮する形で、実現を目指すというものだった。だが、昭和65年着工を目指した立山リゾートは、実現には至らなかった。
 また、三菱商事でも同様な構想があった。こちらも、立山連峰を国際的規模の観光リゾート地とすることが目標とされた。内容は、富山から長野に抜ける山岳鉄道の実現だ。本場ヨーロッパのアルプス山脈でみられる山岳鉄道をイメージさせるもの。キャッチフレーズは、「アルプスを越えて、富山へ行こう!」。JR西日本・JR東日本をも巻き込んだ構想だったが、こちらも実現までには至っていない。

 通年観光を目指す為にも、立山山麓スキー場を軸に、今一度の再整備が必要だ。現状のスキーエリアを拡張を図り、雪不足や雪質の良質化にも対応できるようにしたい。大品山山頂付近に、国際級のアルペンコースを新設。交通アクセスの確保に、富山地方鉄道の立山駅から、粟巣野スキー場経由で大品山山頂を結ぶ、ロープウェイを設ける。このロープウェイは、通年運行を可能とする事で、スキー客以外の一般観光客も、冬季誘客に結びつける。粟巣野スキー場周辺に、複数の温泉宿泊施設を誘致する事で、立山温泉街を育成する。
 立山山麓の通年観光地化と冬季五輪の誘致により、立山の知名度を一気に高めたい。その先には、立山の世界遺産認定を見据えたいものだ。